社外からでもアクセスできるシステムにするには

社外からでもアクセスできるシステムにするには
社外からでもアクセスできるシステムにするには

社外からでもアクセスできるシステムにするには

社内のシステムは、それを利用する各社員のために作られます。ユーザーが不在ではシステムも無価値です。システムは基盤となるOSのポリシーなどを活用して各社員のアカウントの安全を確保します。限られたユーザーにサーバの情報を操作できる権限を与えます。これからのシステムは、会社の外でも会社の中でも分け隔てなくつなぐことができると効率もいいのではないでしょうか。できれば屋外でスマートフォンやタブレットなどで社内ネットワークにつないで活用することが望ましいでしょう。

安全性を確保したうえでスマートフォンやタブレットなどでデータをリアルタイムに見ることができればいいですね。そのためにはインターネット通信にも対応できるアカウント管理を行い、どこからアクセスしてもユーザー認証がされるシステムでなければならないでしょう。

会社の外にいる人が社内ネットワークにリモートアクセスしてつなぐときには暗号化で守るような仕組みを導入するといいでしょう。OSレベルでのアカウント管理の仕組みを作っておいて、会社の外からは暗号化秘術でアクセスできるように対策をとっておけばいいですよね。外部に門を広げられるようにデータベースサーバへの入り口をWEB化するのも手です。

お薦めサイト

Copyright (C)2016社外からでもアクセスできるシステムにするには.All rights reserved.